”ニキビ跡の赤み”を放置してたらどうなるの!?あなたが”ニキビ跡の赤み”を早く治すために必要なこと

これってニキビ跡!?と鏡で自分のお肌をよく見るとブツブツとしたニキビ跡の赤みがいっぱいできていた・・・という人はいませんか?

ニキビができたときにまず心配なのが”ニキビ跡にならないか”ということですよね。

それなのにニキビ跡が肌に残ってしまうと、「ニキビ跡ができてしまった。もう嫌だ。」と誰しもが思うはず。ニキビ跡が肌に一生残るなんて絶対に嫌ですよね。

でも大丈夫!ニキビ跡の赤みはニキビ跡の中でも比較的綺麗に治りやすいニキビ跡なのです。

そこで今回は、ニキビ跡の赤みを早く治すために必要なことをまとめていきたいと思います。

 

ニキビ跡ってどのようなタイプがあるの?

まずは、ニキビ跡の種類からおさらいです。ニキビ跡の種類は大きく分けて3種類あります。

  1. 赤みが残るタイプ
  2. 色素沈着が残るタイプ
  3. クレーターが残るタイプ

この中でも一番治りやすいのが”赤みが残るタイプ”のニキビ跡です。治りやすい順番で言うと、1⇒2⇒3といった感じになります。

赤みが残るタイプや色素沈着が残るタイプのニキビ跡は日々のスキンケアで薄くすることが可能と言われているのですが、クレーターが残るタイプのニキビ跡はスキンケアだけでは治すことは難しいと言われています。

 

”ニキビ跡の赤み”を放置してたらどうなるの!?

ニキビ跡の赤みはニキビ跡の種類の中でも治りやすい方なのですが、「いつか治るだろう・・・」と甘くみてはいけません。

ニキビ跡の赤みを放置し、知らず知らずのうちにニキビ跡の赤みに良くないことばかりをしてしまえばニキビ跡の赤みは治ることはなくますます悪化してしますのです。

ニキビ跡の赤みを放置してしまうとニキビ跡がさらに悪化します。

そして、ニキビ跡の赤みは”色素沈着のようなニキビ跡”になってしまい、シミのようになって肌に残ってしまいます。

シミのようなタイプのニキビ跡は、赤みのあるタイプのニキビ跡に比べて治りにくく、一生残ってしまうこともあります。

ですので、ニキビ跡は赤みのあるうちに治す!ということがとても大切です。

 

”ニキビ跡の赤み”を早く治すために必要なこととは?

ニキビ跡の赤みを治すために必要なことを知っていますか?

ニキビ跡の赤みを治すには以下のことを気を付けるようにしましょう♪

 

紫外線対策を徹底的に行う

ニキビの赤みがあるうちは絶対に日焼けをしてはいけません。ニキビ跡の赤みがある状態で日焼けをしてしまうと、ニキビ跡の赤みが色素沈着してしまい、シミのようなニキビ跡になってしまいます。

シミのようなニキビ跡は赤みのあるニキビ跡よりも治りにくく、肌に一生残ってしまう可能性もあります。

 

睡眠不足を改善する

美肌をつくるには睡眠は絶対に欠かせません。それは、肌のターンオーバーが睡眠中に行われているからです。

ニキビ跡の赤みを治すには、肌のターンオーバーを正常化させることが大切です。

肌のターンオーバーとは、”表皮の生まれ変わり”のことで、約28日周期で新しく表皮細胞が生まれ角質細胞へとなり、最後には垢となって剥がれ落ちるというサイクルのこと。

このように肌は再生しているので、美しい肌を保つことができるのです。

肌のターンオーバーが正常に働いていると、ニキビ跡の赤みもターンオーバーとともに排出されます。

1日6時間以上は”睡眠時間”を確保するようにしましょう。

 

バランスのとれた食事をとる

ニキビ跡の赤みを治すには食事の改善も必要です。肌のターンオーバーを促すビタミンA・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンE・亜鉛・タンパク質などを積極的に摂るようにしましょう。

 

”ビタミンC誘導体配合化粧水”を使う

ニキビ跡の赤みには、ビタミンC誘導体がとても効果的です。ビタミンC誘導体はビタミンCを肌に浸透しやすくしたもの。ビタミンCには、皮脂の過剰分泌を抑える作用ニキビ跡の赤みを薄くする作用があるので、ニキビ予防やニキビ跡の改善にも役立ちます。

 

”イオン導入”を取り入れる

また、”イオン導入”も効果的です。

ビタミンCは水に溶けるとマイナス極になります。そこで、イオン導入でマイナス極の電極を当てることによってマイナス同士が反発しあうので、肌の奥へとビタミンCを届けることができるのです。

最近では自宅でも手軽にイオン導入ができるイオン導入器が販売されされているので、ビタミンC誘導体化粧品の浸透をさらに高めたいのであれば”イオン導入”をするとより効果的です。

 

肌の新陳代謝を高める”ピーリング”を行う

肌のターンオーバーを促す”ピーリング”を行うのも効果的です。

肌のターンオーバーが乱れると古い角質が溜まって毛穴が塞がるので、ニキビができやすくなりますしニキビ跡の赤みも治りにくくなります。

肌のターンオーバーを整えるには、まず睡眠不足を改善するということが大切なのですが、スキンケアの中で週1〜2日程度ピーリングを行うのもオススメです。

”ピーリング”を行うと肌のターンオーバーを促すことができるので、ニキビ跡の赤みもターンオーバーとともに排出されるというわけです。

ニキビ肌や脂性肌には『スキンピールバー ティートゥリー』がおすすめです。

このスキンピールバーティートゥリーには、にきびをできにくくする”ティートゥリーオイル”が配合されています。



ニキビ跡の赤みを治すにはコレ!

ニキビ跡の赤みを治すにはC-マックスローションがおすすめです。

C-マックスローションには、ビタミンCの約10倍の浸透力がある”リン酸アスコルビルMg”が高濃度7%も配合されています。

この”リン酸アルコルビルMg”は、ニキビ跡の赤みやニキビ跡の色素沈着、皮脂の過剰分泌を抑制、コラーゲン生成の促進など、水溶性ビタミンの中で最も高い効果があるということが確認されているのです。

ビタミンC誘導体の効果をしっかりと感じることができる最大限の濃度を配合しているので、ビタミンCの効果をより実感しやすく、ビタミンC誘導体以外にもビタミンAなどのニキビ跡をケアする有効成分が豊富に配合されています。

さいごに

 

ニキビ跡の赤みは比較綺麗に治りやすいニキビ跡なので、できるだけはやめに治すようにしましょう♪