ママバターUVケアクリームの日焼け止めはニキビを悪化させる!?大人ニキビ肌の私が試してみた結果・・・

ニキビ肌にも優しく使える日焼け止め化粧品と話題の『ママバターUVケアクリーム』

大人ニキビがよくできる私にとって”肌に優しい日焼け止めクリーム”はとても心強いです。

『ママバターUVケアクリーム』はクレンジング不要ニキビ肌に優しい成分だけで作られています。

クレンジングはスキンケアの中で最もニキビへの負担になってしまうものなので、できるだけ避けたいものですよね・・・

管理人

そこで今回は、ニキビ肌の私がママバターUVケアクリームを使ってみた感想を書いていきたいと思います♪

ママバターUVケアクリームが気になっている方は参考にしてみてくださいね✨

大人ニキビができても日焼け止めって塗った方がいいの?

「ニキビができている肌に日焼け止めって塗らないといけないの?」「日焼け止めって塗らない方がニキビにはいいんじゃないの?」と疑問に思っている方は多いのではないでしょうか?

しかし、大人ニキビができても紫外線対策は万全に行う必要があります。

それは、紫外線を浴びることで活性酸素が大量に発生し、肌のターンオーバーを乱してしまったり、角質のバリア機能が低下してしまうからです。

紫外線対策をせず、ニキビ肌に直接的に紫外線を浴びさせてしまうと、ニキビが治らないどころかさらに悪化する可能性が高いのです。

また、日焼け止め化粧品を選ぶときはできるだけ肌に優しいタイプの日焼け止め化粧品を選ぶこともとっても大切です。

日焼け止めの種類によってはニキビを悪化させる成分が配合されていたり、肌への負担になってしまうものがあるので、日焼け止め選びには慎重に行う必要があります。

管理人

ニキビ肌の方は、ニキビを悪化させないような大人ニキビに優しい日焼け止めクリームを選んで使うことがとても大切なのです。

大人ニキビに優しい日焼け止め化粧品とは?

ニキビ肌でも紫外線対策はしっかりと行う必要があることを説明しましたが、この日焼け止め選びを間違ってしまうと大人ニキビがさらに悪化してしまう可能性があります。

大人ニキビができている肌はとても敏感な状態になっているので、肌への負担が少ない低刺激な日焼け止めクリームを選びましょう。

ここでは、大人ニキビにも優しい日焼け止め化粧品についてまとめていきます。

 

ノンケミカルタイプ

ニキビ肌に優しい日焼け止めクリームを選ぶときに絶対に欠かせないのは、ノンケミカル日焼け止め化粧品を選ぶということ。

ノンケミカルとは”紫外線吸収剤不使用”という意味なのですが、基本的に日焼け止め化粧品には”紫外線吸収剤”という成分が含まれています。

この紫外線吸収剤は、皮膚の表面で紫外線を吸収する化学物質ですが、紫外線を防ぐ力が強い分、肌への負担が大きく、吸収する際に化学反応を起こすので肌への刺激になります。

肌への刺激が強い日焼け止めにはこの紫外線吸収剤が含まれているのですが、最近では、紫外線吸収剤が一切入っていない日焼け止め化粧品も数多く販売されています。

日焼け止め化粧品を選ぶときは以下の表示があるものを選ぶようにしましょう♪

  • ノンケミカル
  • 紫外線吸収剤不使用

 

クレンジング不要

次に、クレンジング不要ということです。

いくら肌に優しい日焼け止めクリームでもどうしてもクレンジングの際に肌への刺激になってしまいがち…

日焼け止めを綺麗に落とそうとして、クレンジングの際に肌をこすってしまうとニキビにも当然よくないので、できればクレンジング不要のものを選ぶのが理想です。

しかし、日焼け止めはメイクアップ料と同じ油性の汚れなので、水性の汚れしか落とせない洗顔料では落とすことができません。

ですので、基本的に日焼け止めクリームを塗ったらクレンジングは必ず必要です。

最近では、クレンジング不要で洗顔石鹸だけで落とせる日焼け止めクリームなどがあるので、ニキビ肌の人にはクレンジング不要の日焼け止めクリームがおすすめです♪♪

 

乳液やクリームタイプ

最後に、乳液やクリームタイプということ。

日焼け止め化粧品はさまざまな形状のものがありますが、乳液やクリームタイプものが比較的肌に優しいようです。

汗に強いウォータープルーフタイプもありますが、クレンジングで落ちにくいので肌への負担もかかってしまいます。

ノンケミカルの日焼け止め化粧品は”乳液タイプ”や”クリームタイプ”のものが多いようです。

 

ママバターUVケアクリームがニキビ肌にも優しい理由とは?

ここからは、ママバターUVケアクリームが肌に優しい!と言われている理由についてまとめていきます。

ママバターUVケアクリームの特徴は以下の5つです。

  1. ノンケミカル
  2. クレンジング不要
  3. 乳液やクリームタイプ
  4. 無添加処方
  5. 小さな子供でも使える

 

私は以前、ニキビが顔全体的に広がっているときがありましたが、ニキビができている部分に日焼け止めクリームを塗ってしまえば、ニキビをさらに悪化させてますます治らなくさせるような気がしていたので、日焼け止め化粧品を一切塗ることができませんでした。

 

でも、ママバターシリーズは違いました。

 

ママバターUVクリームは、無添加処方で刺激のある成分が含まれておらず、紫外線吸収剤不使用というだけでなく、よくファンデーションなどにも含まれている原価の安い”鉱物油”も不使用なので、ニキビ肌に負担をかけずに使用することができるのです。

また、ママバターはお子さんと一緒に使えるというブランドですので、小さなお子さんにも使えるということも大きなメリットですね♪

 

大人ニキビ肌の私がママバターUVケアクリームを使ってみた

一番気になるのは、大人ニキビ肌の私がママバターUVケアクリームを使うことでニキビが悪化しないのか?ということだと思います。

ニキビに悩んでいることを友人に相談すると勧められたのが、このママバターシリーズの日焼け止めクリームでした。

私はニキビがよくできるニキビ肌なので、ニキビが悪化しないかとても不安だったのですが、2週間ほど試してみることにしました。

テクスチャーは結構固めのテクスチャーなので、白吹きしないか気になっていましたが薄く塗れば全然大丈夫でした!!★

また、日焼け止めクリームの上からパウダーファンデーションを重ねることでより肌なじみがよくなり、肌の色をワントーン明るく仕上げることができました。

ニキビ肌の私がママバターUVケアクリームを2週間ほど試してみたのですが、ニキビが悪化することは全くなかったです。

 

私が今回使ってみたのは、定番のクリームタイプのものですが、最近では新商品のママバターUVミルク(乳液タイプ)も販売されているようです。

乳液タイプはクリームタイプのものと比べてテクスチャーが軽くて伸びもいいのでさらに白吹きしにくいので、固めのテクスチャーが苦手の方は、新発売の乳液タイプのほうがおすすめです。

ママバターUVケアシリーズ、気になった方はぜひ試して見てくださいね!☆

管理人

低刺激な日焼け止め”ママバターUVケアクリーム”で紫外線対策をしましょう♪

ママバターUVケアクリームをもっと詳しく知りたい方はこちらの記事もオススメです。

赤ちゃんでも使える!ママバターUVケアクリームをニキビ肌の私が実際に使ってみた!口コミや使用感をレビュー!☆