紫外線はニキビを悪化させる?ニキビ部分に日焼け止めって塗っていいの!?ニキビ肌に優しい日焼け止めの選び方とは?

肌が老化する原因のうち約80%が紫外線の影響によるものだと言われています。

紫外線を浴びると肌を守ろうとメラノサイトがメラニン色素を作り出し、このメラニン色素がうまく排出されないとシミになるのです。

このメラニンは、肌のターンオーバーとともに排出されるものですが、肌のターンオーバーが乱れると肌にシミとなって残ってしまいます。

肌が老化してしまう一番の原因になる”紫外線”ですが、ニキビに紫外線を浴びてしまうとどうなるかを知っていますか?

そこで今回は、ニキビと紫外線の関係についてまとめていきます。

紫外線はニキビを悪化させるの?

紫外線と聞けば、ほとんどの人が”シミができる”というイメージが強いと思いますが、実は、紫外線はニキビの大敵!とも言われているのです。

それは、紫外線を浴びてしまうと自分の肌を守ろうとして”毛穴の出口の角質が厚くなる”から。

角質が厚くなると毛穴の出口が塞がるので、塞がれた毛穴の中で皮脂が詰まり、にきびができやすくなってしまうのです。

また紫外線は、肌の水分を蒸発させて肌を乾燥させるので、角質のバリア機能を低下させます。

角質のバリア機能が低下すると、外界からの刺激を受けやすくなる”敏感肌”になってしまいます。

よってニキビができたときでも”紫外線対策は万全に行う”ということが、大人ニキビを悪化させないために大切なことだと言えるでしょう。

 

ニキビの部分に日焼け止めを塗ってもいいの!?

紫外線はニキビへの刺激になりますが、日焼け止めもニキビをさらに悪化させそうですよね。

紫外線対策をしたいけど、ニキビに日焼け止めを塗るとさらにニキビが大きく腫れてしまいそう・・・

と日焼け止め化粧品を避けている人も多いのではないでしょうか。

しかし、紫外線が強いのに肌を剥き出しにしておくのは当然ニキビにとって良くありません。

ニキビ部分に日焼け止め化粧品を塗ってしまうとニキビが悪化しそうですが、それよりも怖いのが紫外線です。

白ニキビや黒ニキビの段階のニキビには”肌に優しいタイプの日焼け止めクリーム”であれば塗っても大丈夫なのですが、赤ニキビや黄ニキビなど炎症しているニキビには日焼け止め化粧品よりも肌への負担がすくない”パウダーファンデーション”の方がおすすめです。

パウダーファンデーションの色粉は、日焼け止め化粧品に含まれている”紫外線散乱剤”と似ているので紫外線防止効果があるのです。

パウダーファンデーションは、油分を含まないファンデーションなので通常ニキビが悪化することはないようです。

 

日焼け止め化粧品とファンデーションの選び方とは?

大人ニキビができたときの肌はいつもより敏感な状態になっているので、肌に優しいタイプの日焼け止め化粧品”を使いましょう。

この日焼け止め選びを間違ってしまうとニキビが悪化してしまう可能性もあります。

ここでは、大人ニキビ肌にも優しい日焼け止め化粧品の選び方を紹介していきたいと思います。

 

ノンケミカルタイプが肌に優しい

日焼け止めを選ぶときは、肌への負担が少ないものを選ぶことは基本です。

ニキビができている肌はとても敏感な状態なので、敏感肌でも使うことのできるノンケミカルタイプの日焼け止がおすすめです。

日焼け止めに化粧品に含まれている主な成分は、紫外線吸収剤紫外線散乱剤です。

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収する物質のことで、肌のうえで化学変化を起こすので肌への刺激になります。

紫外線散乱剤は、紫外線を肌の上で反射させる物質のことで、金属を酸化させた粉体などが使われています。

この紫外線散乱剤は、パウダーファンデーションの色粉と似ているので、パウダーファンデーションには紫外線防止効果があるのです。

日焼け止めに含まれてる成分の紫外線吸収剤は、肌への刺激になるので、紫外線吸収剤フリー・紫外線吸収剤不使用・ノンケミカルタイプのものを選ぶと良いでしょう。

 

 

乳液やクリームタイプを選ぶ

日焼け止め化粧品は、スプレーやローションなどさまざまな形状のものがありますよね。

その中でも比較的お肌に優しいのは、乳液やクリームタイプのものです。

また、ウォータープルーフの日焼け止めは汗に強くて落ちにくいので人気がありますが、とても落ちにくいのでクレンジングの際に肌に負担がかかってしまいます。

普段使いではウォータープルーフのものは必要ないので、できるだけ肌への負担が少ないものを選びましょう。

また、日焼け止めに含まれているオイルもニキビが悪化するのでオイルフリーの日焼け止め化粧品か、油分の中でもアクネ菌の栄養分になりにくい油分だけで作られたノンコメドジェニックの日焼け止め化粧品を選ぶといいでしょう。

 

 

ニキビがひどいときはパウダーファンデーションを塗る

日焼け止めのうえからパウダーファンデーションを重ねることで、さらに紫外線を防止する効果があります。

それはパウダーファンデーションの色粉が、日焼け止めに含まれている紫外線散乱剤と似ているからです。

また、ニキビの赤みがひどかったりニキビが化膿してしまっているのであれば、パウダーファンデーションだけを塗るようにしましょう。

パウダーファンデーションの中でも、クレンジング不要の『ミネラルファンデーション』が肌への負担が少ないのでニキビ肌にもおすすめです。

 

 

ニキビ肌に優しい”日焼け止め”と”ファンデーション”

ニキビができている肌はとても敏感なので、ニキビに刺激を与えないような肌に優しいタイプを選びましょう。

ここからは、ニキビ肌に優しい日焼け止めとファンデーションをご紹介していきたいと思います。

 

『LANOA』ミネラルCCクリーム

敏感肌にも使えるおすすめの日焼け止め化粧品は、『LANOA』ミネラルCCクリームです。

ノンケミカルタイプなので、肌に優しい日焼け止めクリームです。

また、『LANOAのミネラルのCCクリーム』 は、紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)なのにUVカット最高ランクの「SPF50+PA++++」なので、肌への負担をかけずにしっかりと紫外線防止ができます。

皮脂吸着パウダーが配合されているので、皮脂のテカリや崩れを防ぎます。

さらに、この『LANOA』のミネラルCCクリームは、たった1本で化粧下地、日焼け止め、乳液、美容液、毛穴カバー、色補整をしてくれる多機能下地なので、スキンケアからメイクアップまでこの1本で仕上げちゃうことができます。

 

ETVOS(エトヴォス)のミネラルファンデーション

パウダーファンデーションは、ETVOS(エトヴォス)のマットミネラルファンデーションがおすすめです。

ETVOS(エトヴォス)のマットムースミネラルファンデーションは、主な成分がミネラルなのでお肌に優しく、肌への刺激になる防腐剤・タルク・香料・ワックス・合成着色料などを一切含んでいないのでさらに肌への負担が少ないのです。

ETVOS(エトヴォス)のミネラルファンデーションは『つけたまま眠れるほど肌にやさしい成分』だけで作られたミネラルファンデーションです。

 

ミネラルファンデーションとは?

ミネラルファンデーションは、天然由来成分で作られているので、大人ニキビ肌の方でも安心して使うことができる肌質を選ばない肌に優しいファンデーションです。

 

ETVOS(エトヴォス)マットムースミネラルファンデーションの魅力。

ETVOS(エトヴォス)のミネラルファンデーションは、つけたまま眠れる!というくらい肌に優しい成分で作られているので、大人ニキビ肌にはとっても嬉しいファンデーションです。

ETVOS(エトヴォス)のミネラルファンデーションの魅力はコレ!

  • 気になる毛穴をしっかりとカバー
  • 保湿コーティングで肌を乾燥から防ぐ
  • SPF30 PA++で紫外線をカット
  • 紫外線吸収剤フリーでお肌に優しい
  • クレンジング不要でせっけんで落とせる
  • ふわっと軽い付け心地

 

クレンジング不要&ノンケミカルタイプなので肌に優しいうえ、毛穴をカバーしファンデーションの役割をしっかりと果たしてくれるのです。それだけでなく、ニキビの原因になる肌の乾燥や紫外線を防止する効果もあります。大人ニキビができたときは、カバー力よりも肌への負担が少ないファンデーションを選ぶことが大切です。

 

お得情報

初回限定で『エトヴォス ミネラルファンデーションお試しセット』が購入できます♪

エトヴォズの特典付きトライアルセットは、通常価格4,000円(税抜)相当の特典+ETVOSのスキンケアセット付きです。

今なら送料無料の1,800円(税抜)で試すことができます。

  1. 下地(ナイトミネラルファンデーション)
  2. カキフェイスブラシ
  3. スキンケア化粧品セット

が特典でついてくるのでかなりお買い得です♪

試してみたい方はこちらから↓


ニキビができても紫外線対策は万全に行いましょう♪

いかがでしたでしょうか?紫外線を浴びるとニキビはさらに悪化してしまうので、ニキビができていても紫外線対策は万全に行いましょう♪