敏感肌は避けたい!日焼け止め化粧品に含まれている肌への刺激になる成分はコレ!

日焼け止め化粧品に含まれている成分の中で肌への刺激になるものがあるということを知っていますか?

紫外線を防止するための日焼け止め化粧品なのに、それが原因で肌トラブルが起きてしまうなんて怖いですよね・・・

そこで今回は、多くの日焼け止めに含まれている肌への刺激になりやすい成分をご紹介します。

管理人

特に、肌荒れを起こしやすい敏感肌の人は要チェックです!!!!!!☆

日焼け止め化粧品には含まれる主な2つの成分

紫外線のダメージから肌を守るためには欠かせない”日焼け止め化粧品”には主に2つの成分が配合されています。

それは「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」です。

紫外線吸収剤とは、紫外線を肌の上で吸収する化学物質のことで、紫外線散乱剤とは、紫外線を肌の上で反射する物質のことです。

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収する際に化学変化を起こすので、肌への刺激になることがあります。代表的な成分は、パリソールA、メギゾリルSX、オキシベンゾンなどがあります。

紫外線錯乱剤は、紫外線を跳ね返す際に化学変化を起こさないので、肌への刺激は少ないです。代表的な成分は、酸化チタン、酸化亜鉛、酸化セリウム、カオリン、タルクなどがあります。

また、紫外線錯乱剤は”パウダーファンデーションの色粉”と似ているため、パウダーファンデーションには紫外線を防止する効果があると言われています。

低刺激な日焼け止め化粧品には、紫外線吸収剤が使われていない「紫外線吸収剤不使用」「ノンケミカル」という表記されているものが多いです。

 

日焼け止め化粧品に含まれる肌への刺激になる成分

管理人

ではさっそく、日焼け止め化粧品に含まれる肌への刺激になりやすい成分をご紹介します。

紫外線吸収剤

まずは、紫外線吸収剤です。

先ほども説明しましたが、紫外線を肌の上で吸収する物質で肌の上で化学変化を起こすので肌への刺激になります。

日焼け止め化粧品に含まれている主な成分のひとつですが、最近では「紫外線吸収剤フリー」で作られているものも多いようです。

日焼け止め化粧品を選ぶときのポイントとして紫外線吸収剤が入っているかということはとても重要と言えます。

特に、敏感肌の人は紫外線吸収剤不使用、紫外線吸収剤フリー、ノンケミカル、ケミカルフリーと記載されているものを選ぶようにしましょう。

また、「敏感肌用の日焼け止め化粧品だから安心♪」と思っていても、紫外線吸収剤が含まれているものがあります。

「弱酸性」や「酸性」かどうかよりも”紫外線吸収剤”が使用されているかどうかのほうが大切なので、ノンケミカル処方にこだわりましょう。

防腐剤

化粧品は一度開封すると空気が入ったり、手についた細菌によって酸化しやすくなります。

化粧品に防腐剤を配合する理由は、品質をさげたり劣化したりするのを防ぎ、化粧品を長く使えるようにすることです。

よく”パラベンフリー”と記載されていることも多いですが、パラベンも防腐剤のひとつで最も有名な防腐剤です。

特徴としては”防腐剤の中でも少ない量で防腐剤としての効果が期待できる”ということ。

防腐剤にアレルギー反応を起こす人もいますので、アレルギー反応が起きるのであれば防腐剤フリーのものを選ぶべきです。

しかし、酸化を防ぐことができる防腐剤が入っていない分、酸化しやすくなり化粧品の使用期限が短くなってしまいます。

防腐剤不使用の化粧品を使うときはできるだけ早く使い切るようにすることも大切です。

アルコール成分

よくニキビ化粧品に配合されている”アルコール”ですが、成分表には”エタノール”と記載されています。

アルコールには抗菌・殺菌作用があるので、ニキビの原因菌であるアクネ菌を消毒することができるからです。

しかし、アルコール成分は肌への刺激が強く、肌が乾燥を引き起こしてしまいます。

肌を乾燥させてしまうと”角質のバリア機能”が低下し、肌はますます敏感な状態になり、”肌荒れ”や”大人ニキビ”のもとになってしまうのです。

乾燥肌や敏感肌の人は、ただでさえ”角質のバリア機能”が正常に働いていない状態なので、アルコール成分によって肌をさらに乾燥させやすくなるのです。

石油系界面活性剤

”石油系界面活性剤”も肌にとって良くない成分です。

石油系界面活性剤とは、多くの化粧品に配合されている界面活性剤の種類のひとつで、”石油から作られた界面活性”のことを言います。

界面活性剤とは、水分と油分を中和させる役割を持つ物質です。クレンジング料や洗顔料、シャンプーなどに含まれています。

界面活性剤にはいくつか種類があるのですが、その界面活性剤の中でも最も肌に良くないと言われているのが”石油系界面活性剤”なのです。

石油系界面活性剤は、クレンジング料で落ちにくいため、肌に残ってしまうと肌トラブルのもとになってしまうんです。

また、皮膚には”角質のバリア機能”というものが備わっています。お風呂に使っても水分が皮膚の中まで侵入してこないのは、この”バリア機能”が働いているからです。

角質のバリア機能が正常に働いていると、紫外線などの外部からくる刺激から肌を守ったり、肌の内部の水分を蒸発しないようにしています。

美肌を保つためにはこのバリア機能がしっかりと機能していることがとても重要なのです。

しかし、化粧品に含まれる”界面活性剤”は、バリア機能を低下させてしまいます。

バリア機能が低下することで、外部からの刺激に敏感になったり、肌の内側にある水分が蒸発して肌の乾燥を引き起こすので、結果的に肌の老化につながるのです。

香料・着色料

化粧品には”香料”と”着色料”が含まれていることがあります。

”香料”とは言葉の通り、化粧品に香りをつける成分で、”着色料”は化粧品に色をつける成分です。

香料と着色料は、大きく分けると「天然のもの」と「合成のもの」の2種類に分けられます。

合成の香料・着色料は肌への刺激になりやすいと言われています。

 

敏感肌にも使える!肌に優しい日焼け止め化粧品おすすめ2選!☆

管理人

ここでは、敏感肌でも使える低刺激な日焼け止め化粧品をご紹介します!

ママバターUVケアクリーム

赤ちゃんとママが一緒に使えるほど肌に優しいスキンケアブランド”ママバター”から販売されている日焼け止めクリームです。

肌への刺激になる以下の成分が一切不使用です。

  • 紫外線吸収剤
  • シリコン
  • 鉱物油
  • パラベン
  • 合成香料
  • 合成着色料

また、保湿成分としてシアバターが配合されているので、肌の乾燥を防ぎながらUVケアができます。

クリームタイプですが、ニキビのもとになる”鉱物油”が含まれていないというのも魅力的です。

もちろん、クレンジングも不要で洗顔石鹸だけで落とすことができます。

テクスチャーは結構固めですが、しっかりと伸ばせば肌になじんでくれます。

ママバターUVケアクリームは”天然由来成分”で作られているので、開封後は半年で使い切るようにしましょう。

  • 《値   段》1,296円(税込)
  • 《数   値》SPF25PA++
  • 《内容量》45g
  • 《落とし方》洗顔石鹸
管理人

小さな赤ちゃんでも使えるほど肌に優しいだけあってすごく低刺激!ニキビができやすくて肌荒れもしやすい私でも問題なく使えています。

▼公式サイトはこちら▼
赤ちゃんでも使える低刺激な日焼け止めクリーム 【ママバター UVケアクリーム】オススメ!

ロべクチン プレミアムUVディフェンス

ロべクチンは、抗がん剤治療や放射線療法などのひどい肌荒れや肌トラブルに悩む方の肌でも保湿ケアできる保湿剤として研究・開発されたものです。

そのロべクチンから発売されている日焼け止めクリームも超低刺激で肌に優しいのに、紫外線防止効果をしっかりと感じられるSPF50+PA+++です。

肌への刺激になる以下の成分が一切不使用です。

  • 紫外線吸収剤
  • アルコール成分
  • パベラン
  • 石油系界面活性剤
  • 人工香料
  • 人工着色料
  • オイル
  • 発がん性物質

オイルに関して公式サイトに確認すると、基本的にオイルフリーなのですが、美容保湿成分として配合されている【ミツロウ】に天然の油分が含まれているそうです。

天然の油分として有名なものは、椿油、オリーブオイル、アルガンオイル、スクワランオイル、馬油などです。

これらのような動植物から作り出される油のことを”天然由来の油分”と言うのです。

天然の油分はビタミンなどの栄養が豊富で、人間の皮膚に似た油もあるので肌なじみが良いのが特徴です。

ミツロウという天然由来の油分は、肌を柔らかくしたり保湿成分としても優秀な成分です。

保湿成分としての油分は含まれていますが、ニキビの原因になるほどの多量の油分は含まれていないから、オイルフリーと記載しているのでしょう。

ママバターと同じく、小さな子供(生後6カ月以上)にも使える日焼け止めクリームです。

ママバターUVケアクリームと大きく違うのは”日焼け止め数値が高い”というところです。

日焼け止め数値が高いものって肌への負担が大きいものが多いのですが、ロベクチンプレミアムUVディフェンスは敏感肌でも使えるほど肌に優しいというのが特徴です。

日常生活はもちろんですが、長時間の外出や海や山などの”紫外線を浴びやすい環境””長い時間のUVカット”としてのご利用にもすごくおすすめです。

  • 《値   段》5,980円(税込)
  • 《数   値》SPF50+PA+++
  • 《内容量》50ml
  • 《落とし方》洗顔石鹸
管理人

伸びが良く、サラッとした付け心地なので、テクスチャーにもこだわる人向けの低刺激な日焼け止めクリームです。

▼公式サイトはこちら▼
超低刺激だから日常使いのできる日焼け止めクリーム 【ロベクチン プレミアムUVディフェンス】オススメ!

さいごに

肌老化を招く紫外線を防止するために日焼け止め化粧品の使用は必要です。

しかし、日焼け止め化粧品に配合されている成分によって肌トラブルを起こしてしまうと本末転倒です。

購入前に日焼け止め化粧品に配合されている成分を確認したり、パッチテストなどをして肌トラブルを起こさないか確認してから使うようにしましょう。